売れてる菊芋サプリおすすめランキングは菊芋MAX

菊芋とは

菊芋は、北アメリカ原産の救荒作物です。その強さから、現在ではすっかり野生化しており、道端や野原など、そこかしこに見られます。

1メートル以上になる高さや、多年草であることから、他の雑草を駆逐する可能性さえあるようで、特定外来種に指定されています。セイタカアワダチソウなどと同様、「ちょっと嫌われ者」として国の認定を受けてしまった、と言うところです。

日本へは江戸末期にやってきます。家畜の肥料作物として取り入れたのですが、どういう訳か野放しの雑草化です。食べ方や利用方法がうまく定着しなかったのかも知れません。日本には他においしいお芋がたくさんありますし、ちょっと食べにくかったのかも知れません。資料として広めた経緯から、別名を「ブタイモ」とも呼ぶそうです。

正真正銘の「キク科」、花は小ぶりのヒマワリに似ていますし、葉もギザギザで菊っぽさが溢れます。地上部が枯れるころ、地下茎が十分に肥大するので収穫し、加工などし、利用するものですが、現在はほとんど栽培されていません。

健康食材としての価値を見出し、これから復活するのかも知れません。各地で特産化の動きがみられています。

健康に良いとされる成分は、「イヌリン」です。消化によってオリゴ糖に変化することから健康食材としての価値を見直そう、と言うものです。

良いものだからたくさんどうぞ、と言いたいところですが、食べなれない方へは若干注意が必要とされています。慣れていない場合、お腹が張るような感覚がしたり、ガスがたまることもあるようです。少量から徐々に慣れることで、うまく消化されるようになる、と言うことです。

水溶性食物繊維の一つとされるイヌリンは、カロリーが比較的低く、カルシウムやマグネシウムの吸収を助ける働きもあるらしい、とされます。主な利点は腸への働きで、オリゴ糖と言うところからも分かるように、腸内細菌への餌になりえます。ダイエットサポート的扱いをされる場合も、こういった腸への良い働きをまとめているものと考えられます。

またイヌリンは別名「天然のインシュリン」などとも呼ばれ、糖尿病の患者さんは菊芋の効果にかなり期待を寄せているとか。血糖値への影響がほとんどない、と言う情報もあります。まだ研究は半ば、と言う状況のようですが。

古くは北アメリカの原住民が利用してきた歴史ある作物です。たびたび人類を救ってくれている、救荒作物として見直しが言われるのも、ごく自然なことかも知れませんね。

菊芋が糖尿病に効果的ってホント?!

菊芋は食物繊維を多く含んでいるのですが、他のイモ類と違ってデンプンを含んでいないので糖尿病に効果的で、茎の部分を食べることで食後の血糖値の上昇を抑えることができます。

菊芋はスーパーマーケットなどではあまり見かけない食材なので健康食品として販売されているものをインターネットなどで購入することが多いのですが、岐阜県や長野県などでは一般的に食べられている食材なので様々なレシピも作られています。

伝統的には味噌漬けや粕漬けなどとして食べられることが多いので、地域振興のイベントなどで手に入れることができます。

糖尿病は食事を食べた時に血糖値が上昇して、そのままの状態が長く続いてしまう病気で、放置していると血液中の糖分が血管を傷つけてしまって、動脈硬化や血栓症などになりやすくなります。

糖によって神経組織が壊されてしまうと痛みなどが感じにくくなるので注意をしなければなりません。糖尿病を治療するためには血糖値をコントロールすることが大切なのですが、菊芋などの食物繊維を豊富に含んでいる食材を食べることで、食後の血糖値の上昇を抑制することができるので、症状を改善することができます。

また血糖値の上昇を抑えることで、糖尿病になることを予防する効果もあるとされているので、積極的に菊芋などから食物繊維を摂取することは様々な生活習慣病を予防するためにも必要とされています。

食物繊維に関しては従来から便秘予防の作用が認められていて、大腸の病気の予防に効果があるとされていたのですが、最近では血糖値のコントロールやダイエットに対する効果が注目されていて、美容や健康のために食前にサラダを食べるなどして食物繊維を摂取することが奨励されています。

菊芋はデンプンは含んでいませんが、炭水化物を豊富に含んでいるのでカロリーには注意が必要で、食物繊維を同時に摂取することで血糖値の上昇を抑えることができますが、食べ過ぎるとカロリー摂取が多くなって、中性脂肪を増やす可能性があります。中性脂肪が体の中で増えてしまうと、それが蓄積されて内臓脂肪や皮下脂肪になるので、上手にカロリー制限をしなければなりません。

また菊芋に含まれているオリゴ糖は腸内細菌の餌になるので食物繊維とオリゴ糖の相乗効果で腸内環境が改善されます。腸内環境が良くなって便秘が改善すると食事から摂取した栄養素が十分に吸収されるようになるので、体調が良くなったり、基礎代謝が上昇して太りにくい体を作ることができます。

食物繊維は糖尿病の症状を軽減させるだけでなく、ダイエットにも効果があるので、世界的にも注目されていて、とくにダイエットに興味がある女性は食べやすくて食物繊維が多く含まれている食材を好んで食べています。

炭水化物を制限するダイエットをしている場合は食物繊維を食事から摂取するのは難しいので、サプリメントなどから摂取するのが一般的になっていますが、それは食物繊維はイモ類のように炭水化物を含んでいるので、食物繊維が豊富に含まれている食材を食べると必ず炭水化物も摂取してしまうことが原因です。

寒天やこんにゃくは食物繊維を多く含んでいますが、カロリーはほとんどないので女性に人気の食材になっていますが、味付けが難しいので醤油や砂糖、添加物などで味を付けると糖質を摂取せざるを得なくなります。

そのために食物繊維とビタミンやミネラルを配合したサプリメントが人気となっていて、体重を気にする多くの女性から支持されています。主にテレビの通販番組やインターネットで販売されていますが、ドラッグストアなどでも多くの食物繊維サプリメントが販売されているので、自分の体質にあったものを選んで飲むことができます。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。